医療や介護など気になったことのお話です

 

 

オンライン診療について           2021.8.14

 

6月18日いわゆる「骨太の方針2021」が発表されました。その中で大いに気になったのが初診からのオンライン診療の恒久化です。
これでまでオンライン診療は患者の状態を把握できているかかりつけ医が実施でき初診は必ず対面診療と定められていました。また発熱時や腹痛など通常と異なる状態ではオンライン診療での対応はできず対面診療で診察したうえで検査や処方が可能とされています。しかしコロナ禍では医療機関への通院が思うようには出来ないことから政府は特例的、時限的に初診からのオンライン診療を認めました。その一時的な対策を今後は初診から可能とするように見直しをするということなのです。
かかりつけ医以外でも事前に患者の情報が把握出来れば初診から可能となると、これまで全く見知らぬ人をモニターの画面のみで診察することになります。これは対面診療に比べ情報が大幅に不足、限定されることが避けられず疾患の見落としや重症度の判断の過ちをもたらします。また状態悪化時に初めて対面するということは避けられず、これは診療する側にとって恐怖でしかありません。また悪意を持った「なりすまし」の可能性すらあります。しかもオンライン診療の責任は原則医師側にあり「これで文句を言わずオンライン診療をしろ」というのは同意できません。
保険診療の質や安全性を担保するためにはオンライン診療はあくまで対面診療の補完にとどめるべきです。また政府はかかりつけ医がいない若い健康な世代などの受診機会を確保するための対策でもあると言いますが、気軽に受診出来る様な労働環境を整備・保健指導を徹底する方が先でしょう。
医療は原則対面で行うべきです。モニター画面で診療が完了するというのは本来の診療とはいえません。

 

新型コロナ感染症の現状とワクチン    2021.4.29

4月5日から大阪、宮城、兵庫で始まった「まん延防止等重点処置」は何の効果もなく第4波に突入、4月25日から東京、大阪、京都、兵庫で3度目の緊急事態宣言の発出です。青森市でも障害者施設で大規模クラスターが発生、それに関連した複数のクラスターが本町の飲食店で発生し今も続いています。市は27日から本町の指定エリアで酒類を提供する飲食店を対象に時短営業を要請しました。普段から飲み歩きの習慣はコロナ禍でも変えることができないようで飲酒を伴う会食やカラオケの危険性を思い知らされます。

4月12日から介護施設入所者のコロナワクチン接種が始まりました。ただし老健など大規模な施設での実施でグループホームなどの入居者は対象外、介護スタッフも未接種です。入所者の移動は自ずと限られ感染の危険は極めて少なく感染するとすれば介護スタッフからです。従って入所者と介護スタッフは同時に、またはスタッフの優先接種にすべきです。このような施設でのクラスター発生はなるべくしてなったと言わざるをえません。

5月から医療機関での個別接種と集団接種が始まります。ところが4月になっても接種する側の医療従事者のワクチン接種ができていません。接種が済んでいるのは公的医療機関のみで民間の医療機関では全くできていないのです。これはまずいと思ったのか厚労省は高齢者用ワクチンの一部を医療従事者に転用することにしました。接種がいつになるかと気をもんでいたら突然4月25日接種の通知がきました。当日は日曜で在宅当番のため9時から午後1時までの外来診療でしたが早々に済ませてきました。当院の看護師2名、事務職1名も接種しましたが接種部位の軽い痛み以外の副反応はありません。
手洗い、うがい、3密を避けることは当面続きますが、まず感染の可能性が高い機会を回避することが最も大切です。

 

「2040年問題」について   2020.11.15

 全ての団塊の世代が後期高齢者になり医療・介護費が急増するというのがいわゆる「2025年問題」です。その問題が深刻化するのが高齢者の実数がピークに達する2040年前後と言われ新たに「2040年問題」といわれています。

2040年頃には人口減少が進み大都市圏以外では医療需要の縮小がはっきりしてきます。その一方で高齢者の人口は増加し65歳以上は3935万人のピークに達します。特に75歳以上は2239万で全人口の20%に達します。外来の医療需要は2025年をピークに減少しますが入院医療需要は2040年以降横ばいと予想されています。ただし地域によって事情は異なります。青森地域では2015年以降ずっと人口が減り続け外来、入院ともに医療需要は減少しますが介護需要は2025年までは増加し2030年以降は減少します。これに対し神奈川・川崎南部地区では人口は横ばいのまま、医療需要、介護需要も増加し続けると予想されます。人口減少、少子高齢化の影響を受けるのが産科と小児科です。小児科の患者は2005年から2014年の10年間で23.6%、入院患者は15.9%減少しています。さらに小児人口(14歳以下)は2015年の1589万人から2040年には1194万人まで減少し小児患者が減っていきます。一方、高齢者の入院需要は2040年まで増加しその後は横ばいと推定されます。肺炎や心疾患、脳血管疾患、認知症の入院が増え急性期より回復期、慢性期の医療の比重が大きくなります。
国は地域医療構想という名目で病床削減を進めています。また中小規模病院は患者の減少で経営は厳しく病棟の縮小や診療科に陥っていて病床はますます減っています。この解決策として政府は中小医療機関の統合と遠隔診療、在宅診療の拡大・強化を進めるようですが、そう簡単な話ではありません。人口減少、少子高齢化で医療需要は大きく変わり医療システム自体も大きく変わることになりそうです。

新型コロナウイルスについて思うこと   2020.7.16

 昨年12月中国武漢から世界に広がった新コロナウイルス感染症ですが我が国でも感染者が急増、4月16日緊急事態宣言が発令されました。三密を防ぐ新しい生活様式や営業自粛の効果は明らかで新規感染者は激減、5月25日には宣言が解除されました。外出や営業が再開されるとゆっくり新規患者が増加、7月10日には東京で243人とこれまでの最高を更新しました。ウイルスは自ら動けません。ウイルスを運ぶのはヒトです。接触を8割減らすこと、三密を防ぐことは感染予防の正攻法といえますが経済活動の停滞は避けられず政府は緊急事態宣言を再度の発令はしない様です。

これまでヒトに感染するコロナウイルスは普通の風邪ウイルスでとるにたらないものでした。しかし新型コロナウイルスは、これまでのウイルスとは大いに違います。多くは無症状や軽症者ですが一部では急速に進行し肺炎など併発、ECMOなどを使っても致死的状態に陥ります。重症肺炎の原因は肺胞という酸素を取り入れる肺の小さい組織の表面の細胞(内皮細胞といいます)が傷害され肺胞周囲の組織液が肺胞内にしみ出して肺自体が水浸しになるためです。このような変化は他の臓器の血管の内腔の細胞(内皮細胞といいます)にもおこりその結果血栓が形成され臓器の機能不全をもたらします。若年者でも脳梗塞を起こすのはそのためです。この原因はウイルスに対して免疫細胞が過剰に反応しサイトカイン(細胞から放出され様々な働きをもつタンパク質)を大量に放出されるためで、これをサイトカインストーム(ここでは免疫細胞の暴走)といいます。このサイトカインストームは高齢者ほど頻度が高く高齢者の死亡率が高いことと一致します。

 以上から考えられる治療としてウイルス自体を抑える抗ウイルス剤、さらにサイトカインを押さえる免疫を調整する薬剤の2種類が必要になります。インフルエンザでのタミフルのような特効薬が出るにはまだ時間がかかるため既存の薬剤で対応する以外にありません。残念ながら抗ウイルス剤のアビガン、レムデジビルも期待されたほどの効果はないようです。また免疫抑制剤のアクテムラやJAK阻害剤のオルミエントはまだ研究段階です。ワクチンの開発も進んでいますがワクチン後に感染した場合に免疫細胞の反応がどうなるのか、サイトカインストームの危険はないかなども含め慎重にならざるをえません。

 国境を越えた多くの製薬メーカーが日夜研究していますがこのウイルスを攻略するにはもうしばらく時間がかかるようです。それまで三密を避ける、流行地域には行かない、手洗い、うがい、マスク、ソーシャルディスタンスを保つといった ” 新しい生活習慣 ” をしっかり守ることが大切になります。

ABC検診と胃内視鏡検診が始まります  2020.4.6

昨年末のことになりますが青森市で令和2年度からABC検診と胃内視鏡検診の実施が急遽決定しました。ABC検診は40歳代の偶数歳、内視検診は50歳以上の偶数歳が対象です。また40歳以上のバリウム検診(レントゲン検診)は従来通り出来ます。ABC検診と胃内視鏡検診は県内では弘前市についで2番目の実施になります。

ピロリ菌とABC検診につては前回の ” 病気あれこれ ” のコーナーで解説しています。検診の詳細については今後、市の広報や町内の回覧板などに載ると思いますので少しお待ち下さい。対象になる市民の皆さんにはこの新しい検診を受けていただきたいと思います。

 

胃がん検診について     2019.12.24

青森県の癌死亡率は高いことはご存じの方も多いと思います。その中でも胃がんは多く胃がんを減らすことがもとめられます。今月の”病気あれこれ”に述べていますが胃がんはピロリ菌の感染が原因であることがわかっています。従ってピロリ菌対策が胃がん対策になります。ピロリ菌感染の有無と胃粘膜に萎縮の程度を同時に判定するABC検診(胃がんリスク層別化検診)を行い未感染者以外には定期的な内視鏡検診を実施するというのが最も効率の良い胃がん検診の方法です。弘前市はすでにABC検診を行っており昨年から内視鏡検診も始まり県内で最も優れた胃がん撲の体制をしいています。青森市は来年度からABC検診と内視鏡検診の導入を検討しています。これが実現すれば将来の胃がんの発症と死亡率を大幅に減少することが期待できます。

 

ホームページを新しくした経緯  2019.10.21
当院のホームページは平成18年8月釜石市の某社に依頼して開設、平成25年に某社の都合で北上市 A*G*L*k 社(以下A社)に変更になり特に問題なく継続していました。
 ところが今年5月更新しようとしたらホームページが見当たらない!慌ててA社に電話して改善を依頼しましたが6月になってもアップなし。再び電話したら ” この電話は使われておりません ” の悲しいメッセージが流れました。だまされました。残念なのはこれまで13年間のデータがすべて消失したことです。ただただ呆然とするしかありません。記事の全てを保存していなかったことが悔やまれます。
A社に何があったかはわかりませんが顧客には最後まで誠実に対応すべきです。もしA社の関係者がこのサイトを見ていたらデータだけで良いので返却をお願いします。